スマートフォン用の表示で見る

白河天皇

一般

白河天皇

しらかわてんのう

後三条天皇第一皇子。在位(1072-1086)。

後三条天皇の意思を次ぎ藤原氏らを抑え親政を行うため堀河天皇に譲位し、自身は治天の君として日本史上初の院政を行う。以降、崇徳天皇の代に至るまで治天の君として政権を握る。