スマートフォン用の表示で見る

白眼視

一般

白眼視

はくがんし

冷たく凝視すること。

由来

竹林の七賢」として名高い阮籍が、とった冷たい態度に由来する。

阮籍は、気に入らない人物に対して、上目遣いで睨むのみで無視した。

この上目遣いが、白目のように見えることから「白眼視」と呼ばれた。

なお「白眼」の反対語は「青眼」と呼ばれた。