白昼夢

一般

白昼夢

はくちゅうむ

日中、目を覚ました状態で空想や想像を映像として見ていること。夢に似た、現実性を帯びた空想。またはそのような空想にふけること。

誰しもこの様な空想を行う事があるものであるが、その事はフランス啓蒙思想哲学者論理学者・科学者であるコンディヤックが『人間認識起源論』において記してもいる通りである。