白帝社

読書

白帝社

はくていしゃ

日本の出版社1926年(大正15年)に奥村銀松?により創業された。現在確認できる最古の出版物は1934年(昭和9年)のものであるが、その後は国語・国文学の出版が多い。その後、奥村の死去にともない一時出版を中止するに至った。1975年昭和50年)、同じ専門分野の出版社である株式会社桜楓社(現おうふう)内に事務所を置き、出版を再開。1977年昭和52年)に豊島区目白において株式会社白帝社を設立。現在は、中国語教科書や中国学関連書籍を多数発行している。