スマートフォン用の表示で見る

白馬寺

地理

白馬寺

はくばじ

白馬寺(はくばじ)

中国河南省洛陽東郊にある寺。後漢,明帝の永平10年(67年)に迦葉摩騰竺法蘭が西域から仏像と経典を白馬に載せて伝来,明帝は2人を外国人接待所(寺)に置いて訳経などに当たらせ,75年白馬寺を建てたと伝える。