スマートフォン用の表示で見る

白馬八方尾根スキー場

地理

白馬八方尾根スキー場

はっぽうおねすきーじょう

白馬八方尾根スキー場(はくばはっぽうおねすきーじょう)は、長野県北安曇郡白馬村八方にあるスキー場で、単体のスキー場としては日本国内最大級のスキー場である。「八方尾根スキー場」と呼ばれることが多い。1998年の長野オリンピックの際にはアルペンスキーの高速系種目および複合の競技会場となった。

夏季は唐松岳登山の入山コースとして、スキー場ゴンドラ、リフトが使われる。


北アルプス唐松岳の東側斜面に広がり、八方尾根の名の通り尾根上にコースが伸びる。縦が長くて横にも広がりがあるゲレンデだが、大半が斜度が強めの中上級者向けであり、初級者に適したゲレンデは麓の各ゲレンデと、夏秋季の道路を利用した上部エリアからの迂回コースに限定される。

* 名木山ゲレンデ…上部の急斜面「名木山の壁」が名物。

* 白樺ゲレンデゴンドラ「アダム」の出発点。

* リーゼンスラロームコース…歴史・規模・人気どれをとっても日本を代表するダウンヒルコース。クワッドリフトを使っての繰り返し滑走が可能。

* 白樺セントラルコース

* 白馬国際ゲレンデ

* チャンピオンコース

* パノラマゲレンデ

* 兎平ゲレンデアルペンリフト沿いに並んだ大きなコブは八方の象徴となっている。名物コース。

* リーゼングラート…北アルプスを間近に望む絶景のコースだが、風の通り道ともなっているため閉鎖されていることが多い。リフトの山頂駅から少し歩くと第一ケルンがある。

* 黒菱ゲレンデ…兎平と並ぶ名物コース。コブの難易度は兎平をしのぐと言われる。

* スカイラインコース…幅が広く何通りものコース取りが可能なクルージングコース。高速リフトが無いのが難点で、常にリーゼンスラロームより空いている。

* 北尾根コース…

* 咲花ゲレンデスキー場で唯一と言ってもよい純粋な初心者ゲレンデである。