薄田泣菫

読書

薄田泣菫

すすきだきゅうきん

1877-1945

詩人随筆家

岡山県浅口郡連島村(現在の倉敷市)出身。後藤宙外?島村抱月に認められて詩壇にデビュー。やがて、島崎藤村につづく詩人と目されるようになる。『暮笛集』『公孫樹下にたちて』『白羊宮』などの作品を発表。

その後、散文に移行。大阪毎日新聞社に入社後、夕刊に連載した「茶話」が人気を博す。それ以降、随筆家として活躍した。