爆発音がした

ウェブ

爆発音がした

ばくはつおんがした

十人十色という言葉があるように、人間の個性とは実に多様である。それは、文章においてもまた然り。

爆発音がしたのまとめ(上)

爆発音がしたのまとめ(下)

小説

「後ろで大きな爆発音がした。俺は驚いて振り返った。」

村上春樹

「後ろでシュワルツシルト・アルフィエーリの文章を思わせるような繊細な爆発がした。ステンレススティールの上にあるライト・スタンドとペーパー・クリップをクローゼットにしまいガソリンの味がするコーヒーを飲み干し後ろを振り返った。やれやれ、と僕は思った。」

村上龍

「後ろで爆発音がした、汚い猫が逃げる、乞食の老婆が嘔吐して吐瀉物が足にかかる、俺はその中のトマトを思い切り踏み潰し、振り返った。」

司馬遼太郎

「(爆発−−)

であった。

余談だが、日本に初めて兵器としての火薬がもたらされたのは元寇の頃である…」