スマートフォン用の表示で見る

麦粒腫

サイエンス

麦粒腫

ばくりゅうしゅ

麦粒腫とは、瞼の縁や内側におできのようなものができる疾患。

マイボーム腺にできるものを内麦粒腫、まつ毛の根もとにできるものを外麦粒腫というが、どちらも黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌などの細菌に感染して発症する。

まぶたの炎症により、痛みやかゆみを伴うが、重篤になることはほとんどない。

抗生剤の点眼だけで治る場合もあるが、腫れがひどい場合でも、抗生剤や消炎薬を内服すると、通常は数日で治る。膿点が存在すれば麻酔液を点眼し、針で突いて膿を出すこともある。