函館平野西縁断層帯

サイエンス

函館平野西縁断層帯

はこだてへいやせいえんだんそうたい

函館平野西縁断層帯は、北海道函館平野とその西側の上磯山地との境界付近に位置する活断層帯。主要活断層帯に指定されている。

北海道函館平野の西縁付近からその南方延長上の函館湾西岸付近にかけてほぼ南北に延びている。全体として長さは24kmで、西側が東側に対し相対的に隆起する逆断層。横ずれ成分は見られない。本断層帯は、北部-中部の渡島大野断層と中部-南部の富川断層及びこれらに付随する断層からなる。

過去の活動

過去4-5万年間に3回活動した可能性がある。活動時には、断層の西側が東側に対して相対的に3m程度隆起したと推定される。最新の活動は1万4千年前以後にあったと考えられる。

将来の活動

断層帯全体が一つの活動区間として活動した場合、マグニチュード7.0-7.5程度の地震が発生すると推定される。また、断層の近傍の地表面には、西側が東側に対して相対的に3m程度高まる、ゆるやかな段差(撓み)が生ずると推定される。地震発生の長期確率には幅があるが、その最大値をとると、本断層帯は、今後30年の間に地震が発生する可能性があり、我が国の主な活断層の中ではやや高いグループに属することになる。