スマートフォン用の表示で見る

八極拳

一般

八極拳

はっきょくけん

Ba ji quan

中国武術の一種。

崩撼突撃と称される剛猛な発勁と、接近短打を得意とする戦法が特徴。伝統拳に属し、古くは別名として把子拳、両儀拳とも呼ばれていたとされる。

激しい震脚を伴う動作が多く、また、決め技に肘打ちを多用する実戦的な武術である。

現在は、宗家である呉氏開門八極拳(孟村系)を初め、羅瞳系、強氏、李氏(天津系、武壇系)、馬氏(南京中央国術館系)、長春許家福系、長春系霍家、東北系霍家など多くの種類に分かれ、その内いくつかは日本にも伝えられている。

特に有名な使い手に“神槍”李書文?がいる。

八極拳とは呼ばずに、ただ「八極」と呼ばれることも多い。

フィクション世界の八極拳士(任意追加)

何故か日本では非常に人気が高く、良く漫画やゲームに名前が登場したり、アクションのモデルにされている。日本で広まった要因としては松田隆智雁屋哲の影響による所が大きい。

以下はそのリスト。

続きを読む