スマートフォン用の表示で見る

八卦

一般

八卦

はっけ

易経や陰陽思想の用語の一つ。「はっか」とも読み、同義語に「小成卦」がある。

無極太極を生ず、太極が陰陽に分かれて両儀を生ず、両儀が老陽・少陽・少陰・老陰に分かれて四象を生ず、四象が乾・兌・艮・離・坎・坤・震・巽に分かれて八卦を生ず。


諺の「当たるも八卦、当たらぬも八卦」というように、占いの代名詞としても用いられる。