八戸臨海鉄道

地理

八戸臨海鉄道

はちのへりんかいてつどう

八戸臨海鉄道株式会社は、青森県八戸市に本社を置き、貨物輸送を目的とした第三セクター鉄道事業者JR貨物グループのひとつ。

1970年7月30日設立

三菱製紙株式会社八戸工場の製品を、北沼駅より全国に向けて発送することを主たる事業としている。また、近年では、青い森鉄道株式会社の作業を受託し、八戸営業所においては清掃業務、青森営業所においては入換業務及び清掃業務を行っている。

事業内容

  1. 鉄道事業
  2. 日本貨物鉄道株式会社及び青い森鉄道株式会社等に係る業務の受託
  3. 駐車場業、清掃管理業
  4. 不動産の賃貸及び管理業
  5. 貨物の保管施設の経営
  6. 損害保険代理
  7. 一般建設業土木工事業電気工事業
  8. 貨物利用運送事業
  9. 前各号に付帯しまたは関連する一切の事業

沿革

1966年3月25日青森県専用線、北八戸信号場 - 北沼駅間開業。

1970年7月30日、会社設立

1970年12月1日、青森県専用線廃止、八戸臨海鉄道八戸貨物駅 - 北沼駅間開業。

1986年、コンテナ輸送開始。

2002年12月1日、青森県より青い森鉄道線の保線・保守業務の受託を開始。

2010年12月4日、青い森鉄道線の保線・保守業務の受託を解除。代わって、駅構内清掃及びラッシュ時における一部無人駅の改札業務を青い森鉄道より受託。

主要株主*1

*12015年3月31日現在