八重干瀬

地理

八重干瀬

やえびし

沖縄県先島諸島宮古島から北方約5〜15キロメートルに広がるサンゴ礁群。大きく8つの干瀬があることからこのように呼ばれている。100以上のサンゴ礁からなり、普段は海面下にあるが、春から夏のかけての大潮の干潮時には海面上に露出して上陸することも可能となる。地元などでは「幻の大陸」と呼ばれることもある。また、好漁場であり、スクーバダイビングシュノーケリングのスポットとしても有名である。