スマートフォン用の表示で見る

八柏龍紀

読書

八柏龍紀

やがしわたつのり

評論家。1953年秋田県生まれ。慶應義塾大学法学部文学部卒。秋田県の高校教員を経て、歴史教師として予備校などで教鞭を執る一方、『思想の科学』などで社会哲学現代史に関する執筆を展開。2000年からは、東京大学駒場キャンパス自主ゼミを開講している。また、同年より学生のみならず社会人も対象とした社会哲学ゼミ(宏究学舎)も開講し、演習と講義を行っている。

著書

共著

  • 『「戦後」状況論 課題としての日本』高岡健共著 雲母書房 2006
  • 憲法でまなぶ「自由人権、平和」 知らないでは、すまされない!』齊藤小百合,井上輝子, 内海愛子, 西澤清, 山田省三, 丸山重威, 長谷部貴俊,津田公男共著 労働大学出版センター 労大ブックレット 2013