スマートフォン用の表示で見る

八幡神

一般

八幡神

はちまんじん

最も早い神仏習合神。本来は豊前国(大分県)宇佐地方で信仰されていた農業神とされる。781年、仏教保護・護国の神として大菩薩の号を贈られ、以後寺院の鎮守に勧請されることが多くなった。また八幡神応神天皇とその母神功皇后とする信仰や、平安末期以降、源氏氏神とする信仰が生まれ、武神・軍神としての性格を強めた。


三省堂提供「大辞林 第二版」より