スマートフォン用の表示で見る

八百屋お七

一般

八百屋お七

やおやおしち

(1668-1683) 江戸本郷駒込八百屋娘。1682年の火事で檀那寺に避難した折に恋仲となった寺小姓に再会できると思い放火し、捕らえられ火刑に処された。井原西鶴が「好色五人女」に書き、また、歌舞伎八百屋お七歌さいもん」、浄瑠璃「伊達娘恋緋鹿子(だてむすめこいのひがのこ)(通称「櫓のお七」)」など多数の作に脚色された。

三省堂提供「大辞林 第二版」より