スマートフォン用の表示で見る

八咫烏

読書

八咫烏

やたがらす

日本神話で、神武東征の際に天照大神から神武天皇の元に遣わされ、熊野から大和への道案内をしたとされる三本足の鴉。

「新撰姓氏録」では、鴨建角身命の化身であり、その後鴨県主の祖となったとする。

咫(あた)は長さの単位で、親指と人差指を広げた長さ(約18cm)であるが、ここでの八咫は「大きい」という意味。


戦国時代には、紀伊国の雑賀を治めた鈴木家の旗ともなっている。

現代では、日本サッカー協会のシンボルマークに用いられている。これは、日本に初めて近代サッカーを紹介した中村覚之助?に敬意を表し、出身地・和歌山県那智勝浦町にある那智大社のをデザインした物である。