発心集

読書

発心集

ほっしんしゅう

鎌倉初期の仏教説話集。『方丈記』の作者として知られる鴨長明(1155−1216年)晩年の編著。建保四年(1216年)以前の成立。「長明発心集」とも。仏の道を求めた隠遁者の説話集で『閑居友』、『撰集抄』などの説話集のみならず、『太平記』や『徒然草』にまで影響を及ぼし、これぞ説話の本性というべきものを後世に伝えている。