スマートフォン用の表示で見る

発送電分離

一般

発送電分離

はつそうでんぶんり

発電と送電を別の会社が行うという発想・案。

欧米では1990年以降、発想電分離が採用されているが、日本ではほぼ行われていない。日本では現在、大都市に必要な電力を地方の大規模発電所をで発電し、送電している。発想分離が採用されれば、これに代わって電力消費地から近い場所で小規模な自然エネルギーで発電する会社が生まれやすくなると言われている。

発送電分離(ハッソウデンブンリ)とは - コトバンク