発達心理学

一般

発達心理学

はったつしんりがく

人の加齢に伴う発達的変化を研究する心理学の一分野。かつては、子どもが大人になるまでの過程が発達であると考えられていたが、現在では老年期までも含め、人は生涯を通して変化・成長を続けるものと捉えられるようになったため、発達心理学の研究対象も、加齢による人の一生涯の変化過程となった。一生涯を研究対象とする視点を強調するために、生涯発達心理学と呼称される場合もある。

(wikipedia:発達心理学より)