髪結い

一般

髪結い

かみゆい

江戸時代から明治にかけての理髪業に従事する人を総称する言葉で、今の理容師のこと。男性の髪を手がける男の髪結いで「髪結い床」という自分の店を持つものは床屋とも呼ばれたが、女性の髪を手がける女髪結いは遊郭(遊女は上得意だった)や顧客の家を訪問していた。