抜歯即時植立インプラント

一般

抜歯即時植立インプラント

ばっしそくじしょくりついんぷらん

従来歯科インプラントは、抜歯してから3ヶ月とか6ヶ月とか待って、骨がある程度再生してから出ないと植立オペを出来なかった。

しかし、この方法では骨が吸収してしまい難しくなってしまうと言う欠点と、患者側からすると治療期間が長期化する問題点があった。

それを改善する為に行われるようになってきた歯科インプラントの治療法で、現在最もホットな分野である。

歯を抜くと同時に、そのままインプラントが植立される為に、当然技術的な難易度はかなり高く、反面上手く行かなかった場合の再治療が難しくなると言う欠点がある。

抜く歯の病巣が相当に大きい場合、同時にインプラント植立出来ない事も多く、又感染の問題からも無理して同時はするべきではないとされている。

しかし、世界的な傾向として何とかして可能にしようと、試行錯誤が行われており、日々発展中の分野でもある。