抜弁天

地理

抜弁天

ぬけべんてん

 新宿区余丁町にある厳島神社の別称だが、こちらの名称の方が通りがいい。

平安時代後期、源義家が後三年で奥州を鎮定後、ここに戦勝御礼の意味で神社を建設したのが始まりと言われる。苦難を切り開くための神社と言うことで抜弁天と称されるようになったとされる。