判じ絵

アート

判じ絵

はんじえ

江戸時代を通じて庶民の知的娯楽だった謎解き。これは言葉を絵に置き換え、その絵に対応する音で、色々な物を表現しているというもの。