スマートフォン用の表示で見る

判官贔屓

一般

判官贔屓

ほうがんびいき

《ほうがんびいき・はんがんびいき》

弱者に対して「弱いから」と言う理由で、えこひいきしてしまうこと。

ここで「判官」とは九郎判官義経のこと。源義経が兄の頼朝に妬まれて滅んだことに、人々が同情を寄せたことが由来。