スマートフォン用の表示で見る

半ズボン戦争

読書

半ズボン戦争

はんずぼんせんそう

2009年4月刊行(幻冬舎)の岸川真による小説。

七〇年代末、八〇年代初頭の長崎市が舞台。

壮絶ないじめの描写と現在が交錯し、ひとの善悪

とはなにかを考えさせる。

エンターテインメントでありつつ硬派な文体と冷

静な視線で描かれる。近年稀な気骨のある私小説

筆者は長崎サーガを構想しているらしい。