スマートフォン用の表示で見る

半済令

一般

半済令

はんぜいれい

室町幕府が出した、軍費調達のために荘園公領の年貢の半分を守護が徴収してもいいという法律

西暦1352年の観応の擾乱のときに一年限りの地域限定で出されたが、やがて永続的に、全国的に、しかも年貢のみならず土地、国までもを守護が私有化していくようになった。

これにより守護の力が強まり、守護大名と呼ばれる様になる。

日本が戦国時代に入るに至った大きな要因である。