スマートフォン用の表示で見る

反社会性人格障害

サイエンス

反社会性人格障害

はんしゃかいせいじんかくしょうが

犯罪を繰り返し、その犯罪に対する罪悪感を持たず、犯罪を繰り返すのが特徴的な人格障害の一つ。

DSM-IVでは以下の診断基準がしめされる。

A.他人の権利を無視し侵害する広範な様式で、15歳以来起こっており、以下のうち3つ(またはそれ以上)によって示される。

(1)法にかなう行動という点で社会的規範に適合しないこと。これは逮捕の原因になる行為を繰り返し行うことで示される。

(2)人をだます傾向。これは自分の利益や快楽のために嘘をつくこと、偽名を使うこと、または人をだますことを繰り返すことによって示される。

(3)衝動性または将来の計画をたてられないこと。

(4)易怒性および攻撃性。これは身体的な喧嘩または暴力を繰り返すことによって示される。

(5)自分または他人の安全を考えない向こう見ずさ。

(6)一貫して無責任であること。これは仕事を安定して続けられない、または経済的な義務を果たさない、ということを繰り返すことによって示される。

(7)良心の呵責の欠如。これは他人を傷つけたり、いじめたり、または他人のものを盗んだりしたことに無関心であったり、それを正当化したりすることによって示される。

B.その者は少なくとも18歳である。

C.15歳以前発症の行為障害の証拠がある。

D.反社会的な行為が起きるのは、精神分裂病や躁病エピソードの経過中のみではない。

治癒率は0%に近いと言われ、治療が困難な性格障害の一つである。

なおこれに類似の症状は1日に1つの割合で発見されていると言われ、欧米人の50%はなんらかの類似の症状を持っているとされていた。

サイコパス(Phychopath)・ソシオパスと表現されていたが、DSM-IVからは削除されている。

問題

治療に大量の向精神病薬が処方される傾向にあり、それによる薬剤性精神病患者が発生している。