スマートフォン用の表示で見る

反町康治

スポーツ

反町康治

そりまちやすはる

サッカー選手、サッカー指導者(JFA 公認S級コーチ)。

1964年3月8日生まれ。埼玉県浦和市(現・さいたま市)出身。

現役時代のポジションはミッドフィルダーサッカー日本代表として国際Aマッチ4試合に出場した。

清水東高校から一浪慶應義塾大学に進学。卒業後、全日空入社。社員契約ながらJリーグに出場し「サラリーマンJリーガー」として注目を浴びる。

1994年、全日空を退社し、ベルマーレ平塚とプロ契約。

1997年に現役引退、スカパー!解説者、スペインでのコーチ留学を経て、2001年にアルビレックス新潟監督に就任、3年目の2003年に弱冠39歳にしてJ1昇格に導いた。

2004年6月24日発売のPS2ソフト「J.LEAGUE プロサッカークラブをつくろう!'04」の解説に、現役Jリーグ監督としては初めて起用された。

2006年1月15日をもって、アルビレックス新潟の監督を退任。

2006年、北京オリンピックを目指すU-21日本代表監督と日本代表コーチに就任。北京五輪本大会は1勝もできず、グループリーグで敗退した。

2009年、湘南ベルマーレの監督に就任。2010年にJ1に昇格したが、わずか1年でJ2に降格。2011年は昇格争いに加わることができず、シーズン終了後に退任した。

2012年、J2に昇格したばかりの松本山雅FCの監督に就任。