反転授業

一般

反転授業

はんてんじゅぎょう

これまで学校の授業で教えてきた基礎的な内容を家で学び、家で取り組んでいた応用課題を学校で学ぶよう「反転」させる教育方法。

アメリカで2000年から急速に広まっている。

国内での取り組み

2013年、佐賀県武雄市教育委員会タブレット端末で「反転授業」に取り組む方針を進めている。

授業の動画を入れた端末を持ち帰り、家で宿題として予習を行う。

実際の授業ではわからない点を教え合ったり、議論しながら応用問題を解いたりし、学力の定着を目指す。11月に1校で試行し、順次拡大していく予定となっている。