板倉史明

映画

板倉史明

いたくらふみあき

映画史研究者。1974年生まれ。

京都大学大学院人間環境学研究科博士後期課程修了。日本学術振興会特別研究員(京都大学大学院人間環境学研究科)をへて、現在、東京国立近代美術館フィルムセンター研究員。

共著に山根貞男編『阪妻』(太田出版、2002)。

論文に「伊藤大輔研究 戦中期から占領期における映画生成」(CineMagaziNet! No.4, 2000、第2回京都映画文化賞)など。共訳にノエル・バーチ「西洋映画に対する儀式的批評」(加藤幹郎他編『時代劇映画とはなにか』[人文書院、1997])がある。