サイエンス

板倉聖宣

いたくらきよのぶ

科学教育研究家。

1930年昭和5年5月2日、生まれ。2018年平成30年)2月7日、死去。

国立教育研究所「板倉研究室」室長。私立板倉研究室室長。仮説実験授業研究会代表。科学啓蒙家。教育雑誌『たのしい授業』(仮説社)代表。

1964年,仮説実験授業を発表。

「熱心な教師なら誰でもたのしい授業を実現」できる手法として授業書という,認知学・心理学板倉唯物史観などを併せて,作られたノート兼教科書兼問題集兼実験所という冊子を発表。