範疇

一般

範疇

はんちゅう

欧米語に云うカテゴリー(これ自体は本来、ギリシア語由来の言葉である。特にアリストテレスが、この語を、第1級の学術的術語にまで錬成しえたことが、爾来現在に到るまでの殊に欧米圏に於けるこの語の隆盛と存続とを齎したのだと云って大方、差し支えなかろう。)の和訳語であり、これ自身は、洪範九疇から来ている語である。

そもそもこの洪範九疇という言葉が、最もカテゴリーに相当しうる漢語であると思念されたからこそ、かかる和訳が――一応の――成立をみたのであろう。