飯沼

地理

飯沼

いいぬま

茨城県水海道の新田名の集落が広い水田帯を挟んで分布する湖のこと。

周囲80kmあって、享保10年幕府の井沢弥惣兵衛らの努力で干拓された水田と集落であることは有名である。