飯場制度

一般

飯場制度

はんばせいど

明治以降に鉱山土木建設事業などで行われた労務管理制度の一。事業主から請け負った飯場頭(納屋頭)が集めた労働者を飯場に収容して厳重な監督のもとに仕事をさせ、その賃金の上前をはねるなどの前近代的制度。納屋制度。