スマートフォン用の表示で見る

飯塚翔太

スポーツ

飯塚翔太

いいづかしょうた

陸上競技(短距離)選手。

1991年6月25日生まれ。静岡県出身。身長185cm、体重81kg。

藤枝明誠高等学校卒、中央大学在学中。


恵まれた体格を生かしたスケールの大きな走りが特徴で、「和製ボルト」とも呼ばれる期待のスプリンター

2010年7月23日、世界ジュニア陸上競技選手権大会200m決勝で、20秒67のタイムで優勝。同大会での男子日本選手の優勝は初めてで、個人種目ではシニアも含めて日本短距離界初の世界一という快挙だった。

2012年6月10日、日本陸上競技選手権大会男子200m決勝で、20秒45のタイムで高瀬慧に次ぐ2位に入った。ロンドンオリンピック参加標準記録Aを突破し、ロンドン五輪の代表に選出された。