飯島滋弥

スポーツ

飯島滋弥

いいじましげや

戦後のプロ野球選手。

右投右打、ポジションは外野手一塁手背番号は4→5→1番。


1918年10月11日生まれ。千葉県匝瑳市吉田出身。

旧制千葉中学*11935年1936年と2年連続で夏の甲子園に出場。

卒業後、慶應義塾大学に進学。卒業後、日立航空に入社。

1946年セネタースに入団。1年目より一軍定着、打率.312を挙げる。

毎年のように契約更改で揉めるなど、上層部との確執により、1949年大映スターズに移籍。

1951年、1試合満塁本塁打2本*2、11打点の日本記録を樹立。

1952年打率.336で首位打者のタイトルを獲得。

スターズの主砲として活躍した。

1955年南海ホークスに移籍。

同年、現役引退

その後、野球解説者を務め、初期のプロ野球ニュースでの軽妙洒脱の解説が人気を集めた。


1967年、東映フライヤーズのコーチに就任。

1968年大下弘の途中休養に伴い、代理監督に就任。

監督時代、不振の大杉勝男に対して「あの月に向かって打て」とアドバイスを送った事は有名である。

1969年、コーチ兼二軍監督に転じるも、病気のために退団。


1970年8月9日、胃がんのため逝去。

*1:現在の千葉高校

*2:2006年、二岡智宏が2打席連続で記録。