飯島正

映画

飯島正

いいじまただし

明治35年(1902年)生まれ。映画評論家東京帝大在学中から映画評論を始めた日本の映画評論家の草分けの1人。

大正11年(1922年)に「キネマ旬報同人となる。1920年代ヨーロッパの芸術運動の最前線が当時勃興したばかりの映画にあるとの自覚から、フランス文学の造詣を下敷きに、本格的な映画評論を確立した。日本の外国映画受け入れの趨勢がアメリカにあるなかで、戦前の早い段階からヨーロッパ、第三世界の映画の紹介につとめている。早稲田大学教授として、映画学の講義も行った。

昭和46年(1971年)芸術選奨文部大臣賞受賞。

平成5年(1993年)川喜多賞受賞。

平成8年(1996年)没。