スマートフォン用の表示で見る

飯尾為種

一般

飯尾為種

いいおためたね

(?−1458)

室町時代幕府官僚。飯尾為数?と飯尾之種?の父。応永31年(1424)室町幕府の奉行人となる。山門奉行のとき,山門領を押領したとして延暦寺衆徒の強訴をうけて、尾張にかくれた。まもなく復帰して、神宮開闔・八幡奉行などをへて、奉行衆最上位の公人奉行をつとめ、評定衆に列した。通称は肥前入道。法名は永祥。著作に「撮壌集」。