スマートフォン用の表示で見る

飯野賢治

ゲーム

飯野賢治

いいのけんじ

ゲームクリエイター

1970年5月5日生まれ。東京都出身。

略歴

小学生時代に作った「十和田湖殺人事件」でゲームコンテスト入賞。高校中退大検不合格を経て、1988年にゲーム制作会社に入社1989年に大手ゲームメーカーの下請け会社EIMを設立した後、1994年に「ワープ」を設立1995年に発売した「Dの食卓」が全世界で100万本セールスを記録し「マルチメディアグランプリ'95 通産大臣賞」を受賞した。1997年には画面が無く音だけでプレイするゲーム「リアルサウンド風のリグレット〜」を発売して話題になる。2000年に「スーパーワープ設立、代表取締役社長に就任。後にフロムイエロートゥオレンジに社名を変えネットワークやIT関連の仕事を続ける。2009年WiiWareきみとぼくと立体。」を配信し復活。2013年2月20日、高血圧心不全のため死去。

哲学に造詣が深い、ビートルズYMO好きなどの一面もあった。

書籍

ゲーム

EIM

  • ウルトラマン倶楽部2 帰ってきたうるとらまん倶楽部」 (FC) 1990.4.7 発売元:バンダイ
  • 「たいむ・ゾーン」 (FC) 1991.10.25 発売元:シグマ商事
  • 「わんぱくコックンのグルメワールド」 (FC) 1992.4.24 発売元:タイトー

ワープ

フロムイエロートゥオレンジ

ラジオ

テレビ

ゲスト出演