番頭

一般

番頭

ばんとう

主に江戸時代において、商店を営む商家の使用人の内で最高の地位にあるものを指す。商家の当主を補佐し、営業や経理を取り仕切っている。