スマートフォン用の表示で見る

磐井の乱

一般

磐井の乱

いわいのらん

継体天皇の頃である527年に筑紫君磐井が起こした地方での大規模な反乱。

日本書紀』によると、新羅に破られた加羅(ありひしのから)と喙己呑(とくことん)を回復すべく近江毛野が率いる軍を送るが、筑紫君磐井が新羅からの賄賂により軍を阻んだ。

筑紫の御井郡で物部麁鹿火が鎮圧。

磐井の子である筑紫君葛子は、罪を免れるために糟屋屯倉を献上したと伝える。