スマートフォン用の表示で見る

否定神学

一般

否定神学

ひていしんがく

神は言葉の能記等ではで完全に把握することはできないとして

言葉の「否定の無限退行と無限の相対化」によって、唯一神の唯一さを論じた神学、教理。

11〜12世紀頃、レゴリオス・パラマスらによって論じられたが、その後、ギリシャ正教会では2大教義の一つと認定された。


副次的に、現代の言語哲学分析哲学における基本概念「シニフィアンシニフィエ」の原型を成した。