スマートフォン用の表示で見る

彼岸過迄

読書

彼岸過迄

ひがんすぎまで

 夏目漱石の作。初出:明治45年1月〜4月「朝日新聞

 「門」以後、約一年半の空白をおいて発表された。その間、修善寺胃潰瘍のために吐血したり、5女ひな子が急死したり、入院生活を送ったり、さまざまな痛手が漱石をおそっている。「久しぶりだからなるべくおもしろいものを」と漱石は「緒言」に書いた。六つの短編と「緒言」「結末」とで構成されている。

 

彼岸過迄 (新潮文庫)

彼岸過迄 (新潮文庫)

彼岸過迄 (岩波文庫)

彼岸過迄 (岩波文庫)