スマートフォン用の表示で見る

悲しみは消えない

映画

悲しみは消えない

かなしみはきえない

運転免許更新時に鑑賞できる、永島敏行朝加真由美主演の教育映画。正式名は、「悲しみは消えない飲酒運転の代償」

  

(企画:(財)埼玉県交通教育協会) (制作協力作品)

文部科学省選定/優秀映画鑑賞会推薦/青少年育成国民会議推薦



2002年、埼玉県交通教育協会が飲酒運転の悲劇を訴える映画「悲しみは消えない」を製作した。飲酒運転など悪質な違反の罰則を強化した改正道交法が6月施行されたばかり。現職警察官も出演、主人公に永島敏行さん、挿入歌はさだまさしさんの「償い」。監修した埼玉県警は「これまでの交通安全啓発映画とはひと味違う、物語性の高い作品」と太鼓判を押している。

飲酒運転で赤信号を見落とした主人公が人身事故懲役刑で職場は解雇示談金支払いで家を失い、妻子と築いた家庭も崩壊…。プロデューサーは「加害者と被害者、2つの家庭の苦悩を32分間で描いた」。7万円で販売もする。問い合わせは不二映画?、電話048(653)5151。