スマートフォン用の表示で見る

比屋定篤子

音楽

比屋定篤子

ひやじょうあつこ

1971年12月、沖縄県那覇市生まれ。ネオ・シティ・ポップの歌手。

1997年6月にSONY MUSICからマキシ・シングル「今宵このまま」(作詞:比屋定篤子、作曲・小林治郎)でデビュー。

2000年までに『のすたるじあ』『ささやかれた夢の話』『ルア・ラランジャ』、以上3枚のアルバムと数々のシングルを発表。南国の空気をたっぷり含んだ有機的な歌声と、知的で都会的なメロディー&ハーモニーがひとつになり、独特の世界観を作りあげてきた。

2000年以降は小林治郎とのコンビに加え、ブラジリアン・ギターの第一人者であるショーロ・クラブのリーダー笹子重治ともソングライティングを始める。2001年、菅原弘明(作曲、プロデュース)のユニット、フィン・トンに参加しヴォーカルと作詞を担当。

同年、結婚と出産のため故郷に戻り一時休業。2002年6月より活動を再開。

現在は、那覇をベースに子育てに励みながら、マイペースで活動し、作詞のみならず作曲にも手を広げている。デビュー以来、ライヴのサポートをしている笹子重治とのデュオ・ライヴを沖縄各地で定期的に、東京など本土でのライヴも随時行っている。