比嘉公也

スポーツ

比嘉公也

ひがこうや

沖縄尚学高等学校のアマチュア野球選手。現在は野球指導者で、沖縄尚学高等学校野球部の監督。

左投左打、ポジションは投手外野手

略歴

1981年6月29日生まれ。沖縄県出身

沖縄尚学高等学校で1999年、第71回選抜高等学校野球大会に出場。エース投手として活躍。比嘉寿光らと共に沖縄県勢初のセンバツ優勝に大きく貢献。準決勝でのPL学園高等学校戦で、延長12回、212球の投球での勝利は印象に残る。同年、全国高等学校野球選手権大会にも出場。

卒業後、愛知学院大学に進学。大学では怪我の影響もあり、1試合のみの登板。4年次に学生コーチを務める。2003年には、沖縄尚学高等学校にコーチとして帯同し、夏の甲子園出場に貢献した。卒業後は、沖縄県庁の職員を経て2006年、沖縄尚学高等学校の教諭となり、野球部監督に就任。

2008年、エース投手東浜巨を擁して第80回選抜高等学校野球大会に出場。優勝を果たした。選手・監督の両方でセンバツ優勝を経験した。

2014年、9月1日から7日までタイ・バンコクで開催される「第10回BFA 18Uアジア選手権」に出場する侍ジャパン18U代表のコーチに就任。