比企修

読書

比企修

ひきおさむ

化学者、川柳作家。1902年-?

京都市生まれ。1925年京都帝国大学理学部科学科卒。広島高等学校教授、日本医科大学予科教授、姫路高等学校教授、東京学芸大学教授、1966年定年退官、名誉教授、流通経済大学教授。蝉人(せみひと)の号で川柳を詠んだ。

著書

  • 『皇陵新志』皇国青年教育協会 1943
  • 川柳小話集』比企蝉人 高文社 ベストセラーズ双書 1956
  • 化学ノート』有信堂 文化新書 1957

共著

  • 『分析化学要論』萩原時夫共著 前野書店 1940
  • 『日本小話集』宮尾しげを共著 高文社 1956