比企尼

一般

比企尼

ひきのあま

武蔵国比企郡の豪族比企遠宗の妻。

源頼朝乳母となり、頼朝伊豆配流後も物心ともに支えた。


養子比企能員鎌倉幕府有力御家人

長女丹後内侍?は惟宗広言、ついで安達盛長の妻。

次女は河越重頼の妻。

三女は伊東祐清、ついで平賀義信の妻。